目錄 登入會員 購物車 {{currentCart.getItemCount()}}
【日本常滑焼陶器】黒泥千段桜富士急須

【日本常滑焼陶器】黒泥千段桜富士急須

全店,滿1000成為永久VIP會員9折,滿5000成為永久金卡會員85折

全店,2018送料無料【399免運】

NT$4,850
NT$3,900
{{ title.name_translations | translateModel }}
數量
加入追蹤清單
數量
加入追蹤清單
一次最大商品購買數量限制為 99999
該數量不適用,請填入有效的數量。
售完

商品存貨不足,未能加入購物車

您所填寫的商品數量超過庫存

商品購買上限為 {{ product.max_order_quantity }} 件

現庫存只剩下 {{ quantityOfStock }} 件

若想購買,請聯絡我們。
加入追蹤清單

商品描述

日本有六大古窯,分別是常滑燒、瀨戶燒、越前燒、信樂燒、丹波燒、被前燒,其中常滑燒是最古老也是最有名的。

中國的茶文化自唐朝便傳到日本,日本的茶道、壺雕藝術與中國的茶藝、紫砂藝術相得益彰,被日本定為國家傳統工藝品的「常滑燒」就有「日本紫砂」稱號。


日本常滑焼陶器黒泥千段桜富士急須


尺寸口徑6.5×15×高9公分

材料·成分名稱·部件 陶器

原產地日本

評論   

常滑焼的茶壺據說是完美的茶壺,穩定地蒸了茶葉,據說你可以通過感覺甜味和味道,少收斂的口味來做美味的茶。

 陶器茶孔也很大,完成了使茶葉難以堵塞。

注意事項請勿使用洗碗機來洗作為重要的茶壺


海外寄送-7-14天到貨


黒泥千段桜富士急須


 
サイズ 口径6.5×15×高さ9cm
素材・原材料名・成分 陶器
原産国 日本
コメント 常滑焼の急須は蓋がぴったりとしており、茶葉をしっかり蒸らす事が出来、また、渋みが少なく甘みと旨みを感じて美味しいお茶を淹れる事が出来ると言われています。陶網茶こしも大きく、茶葉が詰まりにくい仕上げになっています。
注意事項 大切な急須として食洗機の使用はお控えください


常滑焼の歴史

日本六古窯の一つ

「常滑焼」は、愛知県常滑市を中心に古くから作られている焼き物です。
平安時代後期(1100年頃)には、常滑を中心に知多半島の丘陵地には3000基にも上る穴窯が築かれ壺や山茶碗、山皿などが焼かれ、この頃に作られたものは『古常滑』と呼ばれています。
当時の主な窯場は、常滑・瀬戸・信楽・越前・丹波・備前で、日本六古窯と呼ばれており、常滑はその中でも最も大きい産地でした。
中世の常滑窯は、特に大型の壺や甕を得意としており東北・関東・中部・関西・中国・九州地方まで日本全国に運ばれ使われていました。
江戸時代に入ると、真焼けの陶芸品が加わり、江戸末期には土管や朱泥茶器などが作られるようになり、明治時代には西欧の技術が導入され機械化が始まり陶管、焼酎瓶、煉瓦タイル、衛生陶器などの生産がはじまり近代産業の仲間入りをしました。 その後、技術の飛躍的進歩を遂げ近代設備による大量生産がはじまり製品の種類や質、生産額も大きく伸び現在の産地となりました。

 

常滑焼の年表

5世紀頃

 

朝鮮半島より須恵器の生産技術伝わる(須恵器/自然釉)

811世紀

 

紐造りによる壺など造られる(灰釉陶器)

12世紀後半

1100年頃

穴窯による『古常滑』造られる(三筋壺/自然釉)

鎌倉・室町時代

 

大型の壺や甕が多く造られる(穴窯から半地上式の大窯へ)

 

 

(真焼け・赤もの・素焼きによる日用雑器)

江戸時代

 

真焼けによる陶芸品

 

1750年頃

尾張藩主の命により茶器・花生け・酒器を造る

江戸末期

 

土管・甕・朱泥茶器/酒器/火鉢造られる(連房式登り窯)

 

1835年頃

鯉江方救 登り窯完成

 

1874

真焼け土管造られる

 

1858年頃

朱泥焼始まる

明治時代

 

西欧の技術を導入し機械化が進む(平地窯、倒炎式角窯)

 

 

(食塩釉、土管・焼酎瓶・煉瓦タイル・衛生陶器など)

 

1885

焼酎瓶造られる

 

1902

湿式法によるタイル造られる

大正時代

1922

帝国ホテルのテラコッタ造られる

昭和時代

1943

排水用土管増産

 

1962

電気炉による朱泥焼成始まる

 

1970

大阪万博へフラワーポット、ベンチを出品

平成時代

1997

茶香炉造られる

 

現在

 

 

伝統工芸品産業「常滑焼」

常滑焼は、平安後期から1,000年の歴史を有し、日本六古窯のひとつに数えられる焼き物産地です。急須や食器などの日用品から陶管・タイル・衛生陶器などの建築資材まで幅広い製品がつくられています。 昭和51611日、国の「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づき伝統的工芸品として産地指定を受けました。 1,000年の歴史に育まれた成形技術は、以下のとおりです。

成形技法
「ろくろ成形」(電動ロクロにより急須・湯呑や皿、鉢、花瓶などが作られます)
「押型成形」(石膏型により盆栽鉢、置物などが作られます)
「手ひねり成形」(手ロクロを用いて指の太さくらいの紐状の粘土で急須、湯呑、花瓶、置物など小物製品が作られます)
「ヨリコ造り」(手ひねり成形の中で、特に大きなカメや壷、陶器浴槽など大物製品を製作する技法で、
腕の太さの紐状粘土を成形体の周りを回りながら積み上げていき、手やヘラを使い内側・外側を整え製作します)

このような伝統技術を有し、優れた製品をつくることの出来る職人は、()伝統的工芸品産業振興協会の認定試験を経て「伝統工芸士」に認定されます。 現在、常滑焼の伝統工芸士は、31名登録されています。

日本六古窯の一つ 日本六古窯の一つ 

了解更多


相關產品